ファーマコジェノミクスが拓く未来

疫学研究が注目されている

ある特定の地域に住む住民など、世代構造が明らかで追跡調査が可能な集団をコホートと呼ぶ。この集団を長期間に渡り観察し続けることにより、環境と疾患との因果関係などを明らかにする研究分野は「疫学研究」と呼ばれている。

疫学研究の中で、遺伝子情報を収集し、統計学的手法を用いて解析を行う研究が「ゲノム疫学研究」である。ここではまず、個人のカラダに存在する究極の個人情報といわれるゲノムを解析する。そして、健康診断の情報や疾患発症経緯や経過をあわせて分析し、疾患発症に関わる遺伝子を解明する。その成果を疾患予防や治療法の発見に活用しようとする研究である。

ガイドラインの遵守

ゲノム疫学研究では個人情報を扱うため、研究者が遵守すべきガイドラインとして、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」「疫学研究に関する倫理指針」「臨床研究に関する倫理指針」が国によって定められている。それらの法令及びガイドラインに則って、

 ①参加者への同意取得

 ②個人情報の保護

 ③検体と臨床情報の匿名化

が確保されてはじめてスタートラインにたつ。 そこから、セキュリティ・システムが組み合わされ、大規模多変量解析などの遺伝子統計解析を実施していくことで、臨床情報と疾患関連遺伝子がピックアップされ、研究が促進される。

2009年7月 1日|