中国伝統医学と女性の健康

女性の体調不良と中医学

女性の体調は不安定であり、いつも何かしら体調不良を抱える女性は多い。病院に行くほどでもなく、病院に行っても異常なしと診断される場合、日本女性は、なんとなく冷える、気分が落ち込む等の不調に自分なりに対処しなければならない。

しかし、自覚症状に基づく女性の体調不良に積極的に対処してくれるところがある。中国伝統医学の「中医学(中医)」の世界である。中国では中医はごく一般的に利用されており、特に中国女性の生活に深く根付いている。日本女性が体調不良に自分なりに対処している一方で、中国女性は中医学の専門病院を気軽に訪問する。

よく知られているのは大都市にある中医薬大学の付属病院だ。患者は症状、薬の副作用等を鑑みて、西洋医学あるいは中医学を選択することもできる。西洋医学を修めた中医師も多く、西洋医学の血液検査結果をもとに中医師の診断を受けるということも可能である。

患者をトータルにみた中医師の診断

患者から見た場合、中医の診断プロセスは以下の通りである。個人の自覚症状が変化し体質に最適な処方に到達するまで、2.から4.のプロセスが1週間から1ヶ月のあいだ繰り返される。最適な処方が確定した後、3ヶ月程度継続して薬を摂取する。

  1. 問診:遺伝、生活習慣、食生活、睡眠時間、結婚の有無など詳細を把握する
  2. 舌診、脈診:舌や脈の形状から体内の状況を把握する
  3. 診断・処方:個人の体質に合わせて中医師が薬の原料を処方し量を調整する。原料は植物由来、動物由来等様々である
  4. 薬の摂取:摂取方法を選択する。原料を自宅で煎じる他、「代煎」といって院内の機械で煎じて液体のまま梱包することもできる。

カテゴリ:

2009年6月 1日|